青い果実の実る頃には

komei115.exblog.jp

項目に分けて日々思ったこと、書きたいことを自由に書いてます。意見、批判するコメントは大歓迎です。個人的な問い合わせはこちらまで。koumeipart115@yahoo.co.jp

ブログトップ

映画から学ぶもの ~クリスマスのその夜に~

ネタばれ注意!

b0215567_23293088.jpg


『キッチン・ストーリー』などを手掛けたノルウェー出身のベント・ハーメル監督による作品である。

とあるノルウェーの町。クリスマスイヴの夜に巻き起こる様々な出来事。サンタに変装し、以前のわが家に潜入する男の話。その男の友人の医師が、コソボ出身のもう帰郷することができないというカップルの赤ちゃんを取り上げようと奮闘する話。ある少年が、イスラム教徒のためクリスマスを祝うことがない女の子と一緒に過ごす話。故郷に帰るためにお金を集める物乞いのおじさんの話。ベッドの上で激しく愛し合うカップルの話。長年連れ添った老夫婦の話。
複数のエピソードを見つめているとわかってくる。この人たちは決して幸せではないのだ。どこか心に穴があいている。その姿にはどことなく寂しさが漂っている。部屋に飾られたクリスマスツリーがまるで心情を表すかのように寂しく光る。しかし、不器用ながらもそれでも聖なるクリスマスイヴという日に人と繋がるために懸命に生きようとする人々をみるととても心が温まる。
北欧映画独特のシュールさで、さまざまなエピソードがつながっていき、登場人物たちの人生が明かされていくうちに次第に映画に引き込まれていく。最後に流れる音楽は、全ての物語を美しく飾りつけているようで、心にじんわりと沁み渡る。

主題歌 Maria Mena 『Home for Christmas』



とてもハートフルな映画である。ちょうど明日、明後日はクリスマス。恋人と、親と、大切な人と見る映画にピッタリの作品である。
[PR]
by komei115 | 2011-12-23 23:58 | Movie