青い果実の実る頃には

komei115.exblog.jp

項目に分けて日々思ったこと、書きたいことを自由に書いてます。意見、批判するコメントは大歓迎です。個人的な問い合わせはこちらまで。koumeipart115@yahoo.co.jp

ブログトップ

映画から学ぶもの ~クイール~



b0215567_21254859.jpg


小さなイノチ。だけどそのイノチが一人の人間の生活を支えた。人間に尽くした犬の一生を描いた実話の物語。



実在したラブラドール・レトリーバーの盲導犬「クイール」の生涯を描いたことでベストセラーになった『盲導犬クイールの一生』を2003年に映画化したもの。盲導犬を断固拒否する頑固オヤジとおっとりしたクイールのコンビ。それを優しく見守り続ける訓練士を中心に話は進んでいく。一匹の子犬が出会いと別れを繰り返しながら立派な盲導犬に育っていく姿には心を打たれてしまう。

あらすじ
脇腹にあるブチ模様が特徴の子犬クイール。生まれてすぐ飼主から盲導犬に見定められ、まず初めの一年をボランティアで犬を預かる夫婦(香川照之・寺島しのぶ)の家に預けられる。その後訓練士の多和田(椎名桔平)らから猛特訓を受け、盲導犬として渡辺(小林薫)と一緒に歩き始めていく・・・。

偶然見た、しかし初めてみた映画である。クイールの話は高校生の頃、英語の本で大体のあらすじは知っていた。
出演しているラブラドールの演技がものすごく上手かった。見事過ぎる。そして、出演しているキャストもかなり豪華だ。動物が主人公で、動物を使って泣かせるような映画は見ないようにしているが、この作品は盲導犬の話であって、障害者という社会的弱者にもきちんと目を向けられており、犬と人間社会との関係も描いた素敵な映画だと思った。
犬と人間の絆は太古の昔にまで遡る。番犬、牧羊犬、狩猟犬。介助犬や盲導犬の歴史も古代の壁画に記載されている程古い。人間が犬を生かし活かすことで、犬に生かされる。昔から人と犬は共存し、支え合って生きてきた。
今、乳幼児の数より飼われている犬の数が多いという現象が起きている。人間の子供よりも手軽に「家族」になれるからだ。このような事態はいかがなものかと思うが、飼育している犬を「ペット」という言葉を使わずに「家族」という人の気持ちは理解したい。共に暮らす中で芽生えた絆は大切にすべきだ。
しかし、行き過ぎた愛情もよくない。ぶくぶくに太らせたり、変な服を着せたり、バッグに詰めたり、犬をだっこして歩いたりする人をよく見かける。甘やかしてばかりでおバカな犬は急増中だ。動物は決してペット(愛玩道具)ではない。可愛がってあげる。飼ってあげる。飼育しなければ動物達が生きていけないのは事実だが、奈何せん「あげる」という言葉が気に食わない。その上から目線が動物虐待や飼育放棄に繋がるのだ。
家畜として飼う。家族として育てる。「飼育」という言葉は動物を飼って育てるだけでなく、自身の心も育てるという風に解釈したい。
別に盲導犬のレベルにまで躾ろとは言はないが、家族だったら適度に躾け、犬らしく振舞わせるのも愛情の一つである。犬の幸せを一番に考えてあげることが飼育する者にとって一番大切なことではないだろうか。
[PR]
by komei115 | 2012-03-14 22:22 | Movie