青い果実の実る頃には

komei115.exblog.jp

項目に分けて日々思ったこと、書きたいことを自由に書いてます。意見、批判するコメントは大歓迎です。個人的な問い合わせはこちらまで。koumeipart115@yahoo.co.jp

ブログトップ

映画から学ぶもの ~Sunny サニー 永遠の仲間たち~


072.gif072.gif072.gif072.gif☆  9/10

b0215567_2043376.jpg




2011年製作(ヒューマントラスト有楽町をはじめ全国で公開中)
詳しくはhttp://sunny-movie.com/index.html


夢を見ていた少女たちもやがて大人になり大きな物語を失った。もう一度輝いていたあの頃に。そう願って集まる彼女たちの時間が再び動き始める







デビュー作『過速スキャンダル』が韓国で大ヒットし、一躍有名になったカン・ヒョンチョル監督が放つヒューマンドラマ。昨年、韓国での上映では740万人を集客するという大ヒットを収めた。1986年という時代。青春を謳歌している女子高生仲良し7人組「サニー」のメンバーは一生の友情を誓い、時代を駆け抜けた。そのメンバーが、ひょんなことから25年ぶりの再会を果たし、再び一つに集まっていく様子を温かく描く。過去と現在を往来しながら紡がれていく物語は緻密で、そこに詰まった笑いと涙と青春の甘酸っぱさに心が熱くなる。

あらすじ
ナミはビジネスマンの夫と高校生の娘に恵まれ、専業主婦として平凡だが幸福な毎日を送っていたが、どこかで物足りなさを感じてもいた。そんなある日、彼女は母の入院先の病院で、高校時代の親友で仲良しグループ「サニー」のリーダー、チュナと思わぬ再会を果たす。25年ぶりに再会した友人はガンに侵され、余命2か月と宣告されていた。チュナの最後の願いはかつての仲間たちと会うこと。ナミは病床の彼女のために残りのメンバーを探し始める。


「かつての親友たちと久しぶりに再会する」。物語としてはありがちなのかもしれない。
しかし、あなどれないおもしろさ。これは過去の輝きを懐かしむものではなく、子どもの頃見ていた夢とはかけ離れたアイロニカルな現実を懸命に生きようとする女性たちのための人生讃歌である。友情。再生。この映画が与えてくれるものは大きい。物語を失いかけている今だからこそ、もう一度過去の自分と対話して自分だけの物語を取り戻してほしい。特に女性たちには是非見てもらいたい作品である。


―追記―

時間がなかったので次回(できれば明日)、本作品「サニー」についてたっぷり考察してみたいと思います。作品を見た方は是非そちらも見てみて下さい。
[PR]
by komei115 | 2012-06-15 22:41 | Movie