青い果実の実る頃には

komei115.exblog.jp

項目に分けて日々思ったこと、書きたいことを自由に書いてます。意見、批判するコメントは大歓迎です。個人的な問い合わせはこちらまで。koumeipart115@yahoo.co.jp

ブログトップ

映画から学ぶもの ~ミツバチのささやき~

ネタばれ注意!
072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif  10/10

b0215567_10434654.jpg




製作国スペイン 1973年公開(レンタル可)

少女はフランケンシュタインに何を見出したか。少女はミツバチになることを拒絶した



『ミツバチのささやき』は、1973年のスペイン映画であり、ビクトル・エリセ監督によって描かれた。主演はアナ・トレント。一人の少女を主人公に、彼女が体験する現実と空想の交錯した世界を繊細に描き出した抒情溢れる作品。

あらすじ
時は1940年、フランコ政権軍が人民戦線政府に勝利し、スペイン内戦が終結した直後の話である。
スペイン、カスティーリャ地方のとある小さな村に「フランケンシュタイン」の巡回映画がやってくる。6歳の少女アナは姉イザベルと共に映画を観て怪物に興味が湧く。イザベルは、問いただしてくるアナに怪物は村外れの廃屋に隠れていると教え、アナはそれを信じ込んだ。そんなある日、アナがその家を訪れた時、そこで一人のスペイン内戦で傷ついた負傷兵と出合った。


映画は総合芸術である。決してテーマやストーリーの良し悪しだけで決まるものではない。
もちろんテンポが良く単純・明快な話は分かりやすいし面白い。あまり頭を使わずに気軽に観られるのは良いが、しかしそればかりでも深みがないのは事実だろう。人間の心も、自然のシステムも、生じる事象も、私たちが考えている以上にもっと混沌・複雑・怪奇で難解なのだから。
難解な映画は多様にあろう。今ぱっと思いつく代表作ではスタンリー・キューブリックの『2001年宇宙の旅』や『時計じかけのオレンジ』と言ったあたりか。
私は何と言ってもアンドレイ・タルコフスキーの作品が好きだ。『鏡』や『サクリファイス』、『ストーカー』、『ノスタルジア』、『惑星ソラリス』。どれも難解で秀逸。様々な解釈ができるし、「あのカットは何の意味があるのだろうか」、「どうしてあんな撮り方をしたのか」と想像し、考えるだけで胸がワクワクし、そして監督の意図を少しでも汲み取れた時の感動は計り知れない。

この『ミツバチのささやき』にもそれと同じものを感じた。
一度観ただけでは正直よくわからなかった。家族の心がバラバラで、一体感が欠如しているのは何故か。何故父は蜜蜂の研究をしているのか。姉イザベルが倒れた理由は何か。母テレサが書いた手紙は誰に宛てたのか。云々・・・。そこで感じたのは、スペインの時代背景を掴まないことには駄目だということ。
調べてみると、フランシスコ・フランコによる独裁政治が終了する数年前に製作された本作は、その独裁が始まるスペイン内戦の終結直後の1940年を舞台とすることで、内戦後の国政に対する微妙な批判を匂わせているというものだった。内戦で分裂し、対立で生まれる報復の恐怖から沈黙を続ける日々の中、芸術家たちは検閲という規制に阻まれながらも作品を世に出す試みを続けた。ビクトル・エリセ監督もその一人である。

その事実がわかると、本作の意図するものが自然と見えてくる。主人公アナの家庭が感情的に分裂している様子は、スペイン内戦によるスペインの分裂そのものなのだ。また、イザベルが教えた廃屋の周りの荒涼殺伐とした風景は、当時のスペインの孤立感が伺える。父フェルナンドは知性の感じられないミツバチたちの生態に対する嫌悪をあらわにしている。これはフランコ政権下での市民を働きバチになぞらえ、統率はとれているが想像力の欠如した社会を隠喩しているものだと想像できる。
姉妹の対比もくっきりとした形で表れてくる。アナは1940年当時のスペイン共和国の純粋な若い世代を象徴し、姉イザベルのつく嘘は金と権力に取り憑かれた独裁国家を推進する国益主義者たちに他ならない。
物語のラスト、届かない手紙を燃やす母テレサの姿がある。揺らぐ気持ちが和らぎ、家族の将来が好転する印象を与えているが、これはスペインの将来に対する希望とも解釈できる。

『おおかみこどもの雨と雪』の監督の細田守氏も、この作品をベスト1に挙げている。映画とはこういった見せ方もできるんだと目を見開かされたと氏は話す。二人の幼い少女の対比を通して世界の認識の仕方を問うこのコンセプチュアルな本作に氏も、そして私も魅了された。
難解。だけど、一旦掘り進めるとそこから色々なものが見えてくる。正に映画の醍醐味を味わえる作品だと言っていいだろう。
[PR]
by komei115 | 2012-10-17 22:31 | Movie