青い果実の実る頃には

komei115.exblog.jp

項目に分けて日々思ったこと、書きたいことを自由に書いてます。意見、批判するコメントは大歓迎です。個人的な問い合わせはこちらまで。koumeipart115@yahoo.co.jp

ブログトップ

カテゴリ:Character( 3 )

今、NHKの朝の連続テレビドラマが熱い。「カーネーション」というタイトルなのだが、ファッションデザイナー小篠三姉妹ヒロコ、ジュンコ、ミチコを生んだ母親小篠綾子の物語である。どことなく檀れいを思わせるかのような顔つきの尾野真千子が主演を演じている。

b0215567_11385185.jpg


私は今後、檀れいに変わって彼女が人気を得ていきそうだと踏んでいるが、そんなことはどうでもよく、今回はその小篠綾子が尊敬した人物、中原淳一について語りたい。

b0215567_11561129.jpg


1913年(大正2年)2月16日 ~ 1983年(昭和58年)4月19日までを生きたファッションデザイナー、イラストレーター、人形作家、編集ライター。といろいろな肩書きがあるが、彼が名乗っていたのではなく、いつの間にかそう呼ばれていたらしい。彼にとって肩書きはもはや不要であったのかもしれない。
1928年(昭和3年)に日本美術学校入学。本格的に西洋絵画を学び、1932年(昭和7年)に銀座松屋にてフランス風人形の個展を開催し、19歳にして注目を集めるようになる。これを機に雑誌少女の友の表紙、挿絵を手がけるようになり、一流抒情画家の仲間入りをする。
しかしながら、時代は戦争へと突入する。
「贅沢は敵」だと、ファッションなど度外視され、女性はモンペの着用を強要された。彼の描いていた雑誌も検閲が入り戦争のプロパガンダが強くなり、彼の主張はどんどん片隅へと追いやられていく。最後まで奮闘したが、そんな彼のもとにも赤紙が届き、徴兵された。
彼が出兵前に戦争が終わり、無事に生きて帰れることができたが、戦後の焼け野原、そして女性の羞恥心なき言動にショックを受けた。
戦後からの復興ということで太陽に向かって咲き誇る向日葵をイメージし、出版社「ひまわり社」を設立し、フランス語で「soleil(ソレイユ)」の雑誌創刊を果たす。

b0215567_1395237.jpg


しかしながら、日本の戦前から戦後にかけて彼ほど「カワイイ」を愛し、追求した人物はいなかったのではないだろうか。服などのファッションだけでなく、メイク、髪型、礼儀や作法、料理、身の回りのインテリアなど女性の品格全てにおいて伝統と新文化を見事に調和させ、発表した。

b0215567_12223453.jpg


b0215567_1259557.jpg


b0215567_1363191.jpg


b0215567_12414722.jpg


b0215567_1224395.jpg


b0215567_1315841.jpg



今も変わらず女性に人気のある瞳のラインを濃くし、目元が主張的につり上がったメイク、ふんわりとしたAラインのワンピースや、パリッとしたモード系の服装。これらの原型を戦前から考案し、戦後の食糧難の時期から展開ていたのだからとても先見性があり、視野が広い。
彼なくしては戦後女性のファッションの確立は程遠いものだったであろう。実際に小篠綾子を初め、名だたるファッションデザイナーが彼のデザイン集から多くのヒントを得ている。世の女性達の先導・扇動者であり、凄まじい業績を残した。


偉大な業績を残した人物は偉大な言葉も数多く残している。これらは私が感銘を受けた言葉である。


美しくなる」ということは、他の人たちをアッと言わせるような美しさを見せびらかすことではありません。また、決してゼイタクなことをするというのでもありません。着飾ったりお化粧したりすることは忘れていても、身だしなみだけはいつも心がけて欲しいものです。身だしなみの本当の意味は、自分の醜い所を補って、自分の姿がいつも他の人々に快く感じられるように、他の人があなたを見る時に、明るくなごやかな気持ちになるためのものだということを忘れないで下さい。(1956年「ジュニアそれいゆ」5月号より抜粋)


しあわせはまた、自分がしあわせだと感じたその瞬間にあるものです。何にでもしあわせを感じる人はその瞬間が沢山ある人、本当にしあわせな人と言えます。(1956年「ジュニアそれいゆ」より抜粋)


何気なく開いた引出しが乱雑で、たたまない衣類、洗っていない下着が突っ込んである程だらしがないものはない。それは自分の心の引出しも乱雑でふしだらだという事を証明しているようなものだろう。逆に引き出しの中がいつもきちんとよく整理されている人は、たとえ上等のドレスは持っていなくとも、常に最高のものを用意しているともいいうる。汚れものと一緒くたになっていたのでは、どんな豪華なドレスを持っていても、その人に幸福が訪れるとは思えない。(1950年「それいゆ」13号より抜粋)


毎年、スカートが長くなったり、短くなったり、ヘアスタイルもいろいろ変わったり、それから靴のカカトが太くなったり細くなったり、そんなものを身につける新鮮さも嬉しいものです。しかし、最近はマスコミが、人間の生き方や、ものの考え方にまでこれでもかこれでもかと流行を作って、そんな生き方をすることが、また、そういう考え方をする方が、新しいといわれたり、カッコイイ生き方だと考えられたりする傾向があるのではないでしょうか。人生をスカートの長さや、ヘアスタイルのようには考えないで下さい。いま、古いといわれている人間の習慣や生き方の中には、事実、切り捨てなければならないようなものも数多くあるでしょう。しかし、そんなものばかりではないはずです。何千年もの長い年月を生きてきて、その積み重ねから、人間を一番幸せにする基本のようなものが出来上がってきて、それから今日まで続いているものなら、それは、人間という動物の本質的なものだともいえるのではないでしょうか。だから、ちょっとした興味本位な思いつきや、無責任に作り上げられた風潮で「そんなの古い」と片づけてしまえないものも沢山あるはずです。「いつまでも古くならないもの」―それこそがむしろもっとも「新しい」ものだとはいえないでしょうか。人生はスカートの長さではないのです。(1971年「女の部屋」5号より抜粋)


美しくあることに、決して臆することはありません。それはあなたの誇りです。「美しい」という言葉を作った、私達の先祖は、これを悪い意味に用いたことはありませんでした。それは「心のまこと」という意味です。美しい心…美しい友情…。そして、美しい服装とは、決して着飾ることでもなく、華やかな色彩をいうのでもありません。又、沢山のお金をかけてのみ、出来るものでもありません。それは、程よい調和の中に、あなた自身を生かすことです。言葉を換えれば、あなたらしくあることです。(「中原淳一 エッセイ画集2 ひまわり みだしなみ手帖」より抜粋)


もしこの世の中に、風にゆれる「花」がなかったら、人の心はもっともっと、荒んでいたかもしれない。
もしこの世の中に「色」がなかったら、人々の人生観まで変わっていたかもしれない。
もしこの世の中に「信じる」ことがなかったら、一日として安心してはいられない。
もしこの世の中に「思いやり」がなかったら、淋しくて、とても生きてはいられない。
もしこの世の中に「小鳥」が歌わなかったら、人は微笑むことを知らなかったかもしれない。
もしこの世の中に「音楽」がなかったら、このけわしい現実から逃れられる時間がなかっただろう。
もしこの世の中に「詩」がなかったら、人は美しい言葉も知らないままで死んでいく。
もしこの世の中に「愛する心」がなかったら、人間はだれもが孤独です。

b0215567_11543843.jpg



美しさを求める心は人間としてとても大切なこと。私は汚いものの中にも美があると考えているが、対人関係を築く中で、やはり綺麗好きであるにこしたことはない。人の目に見える物だけではなく、見えない物にでも気を配れる心づかいは人を豊かにする。今こそ、中原氏の言葉に立ち返り、自身の生活を見直したいものだ。
[PR]
by komei115 | 2012-02-16 13:50 | Character
2012年1月21日。グラフィックデザイナーであり、アートディレクターであった石岡瑛子さんが膵臓がんのためにこの世を去られた。73歳であった。ご冥福お祈りいたします。

b0215567_20592062.jpg



ニュースの速報を目にした時は驚いた。以前テレビで観た時は病気など感じられない元気そうな姿だったからだ。
私が石岡さんを正確に認知したのは丁度一年前のこと。NHKの番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」という番組である。その時、彼女のプロとしての生き方にはとても感銘を受けたのを今でも覚えている。
正直、あまり作品を知りもしない私が、このようなブログで紹介してもよいものだろうかと控えていたが、先日NHKでアンコール放送があり、懐かしい気持ちで観ていて思った。私が彼女のメッセージに少なからず影響を受けていたことは事実であり、それを書きとどめておきたいと。
その衝動には勝てなかった。間違っていたら申し訳ない。

石岡さんは東京芸術大学卒業後、資生堂に入社し、その後独立した。パルコ、角川書店の斬新な広告で彼女は有名になった。角川の方はなんとなく覚えている。確か「旅に出たくなる本」というようなタイトルで果てしなく続く砂漠のど真ん中に人が立っているものだったともう。
私が知っているのはマイルス・デイヴィスのアルバムジャケット。
b0215567_22164360.jpg

ちなみにこの作品でグラミー賞に輝いている。
傍から見れば幸せな人生を歩んでいたように見えた彼女だったが、仕事に対する飛躍、さらなる高みを目指すという欲望が抑えきれなくなった彼女は、日本の枠だけでは満足できなくなる。
そこで、40歳を過ぎてからの渡米。ツテもない、まさにゼロからの出発だった。一年暮らし、ニューヨークのとある映画館で黒澤明の「七人の侍」を観た時、アメリカ人の時代も国境も超えた賛辞の声を聞き、これが「ホンモノ」だと感じた。巨匠、黒澤の様にいつまでも人の記憶に残り続けるような作品を作りたいと思った彼女は、新しく舞い込んでくる様々な仕事にチャレンジし、1992年、映画「ドラキュラ」でアカデミー衣裳デザイン賞を獲得するまでに至った。その後も数々の賞を受賞。記憶に新しいのは北京オリンピックの開幕式の総衣装デザインか。
今回の番組内では舞台「スパイダーマン」の全衣装のデザインの総指揮を担当していた。大国アメリカでも通用し、指揮を振るえるほどの実力と意識レベルは、その道のプロを超え、もはや巨匠の域に達している。
彼女は作品の創造にあたって自分には三つの柱があると言う。
・orijinal→だれにもまねできない
・revolutionary→革命的
・timeless→時代を超える
その三つの柱をもとに描かれたデザインはどれも私たちには発想できない唯一無二の作品だ。「全てのデザインには意味がある」という彼女は、何げない風景の色彩や美術品などの形一つとっても全て取りこぼさずに見ていたのだろう。
デザインを考え、いざ衣装作りに移る時でも、彼女には一切の妥協、甘えはない。ほんの1ミリの違いでも彼女は指摘し、直す。たかが1ミリ。だが、そこに気付く者がプロであり、「ホンモノ」に近づく。その1ミリが世界を変えるのだ。また、きちんとしたミクロの仕事は全体の仕事の質を上げると彼女は言う。
最後に彼女は「プロフェッショナルとは?」という問いに応える。
「与えられた仕事をこなし、さらにもっと高みを目指す。そのためには自分のすべてを燃やし尽くす」
この言葉を聞いて、体の芯から震えた。金槌で頭を殴られたような感覚。
忘れてはならない大切な言葉。そう思った。
[PR]
by komei115 | 2012-01-31 22:58 | Character

初の人物に関しての投稿である。
この項目は主に故人を取り上げていくつもりだ。
タイトルをちょっと捻って洒落の利いたものにしようと思って「温故知新」を「温故知人」としてみた。ナイスアイディアと自分を誉めたが、すでに「とくダネ!」で全く同じコーナーがあったようで甚だ残念である。これでは剽窃と言われてもしょうがない。
立ち上げたのはいいものの、初回をだれにしようかとずっと考えあぐねてきた。岡本太郎氏や立川談志氏、J.D.サリンジャー氏などにしようかとも思ったが、別の項目ですでに述べてしまった。
ここで、私はアンドレイ・タルコフスキー氏を初回に選びたい。

b0215567_21314762.jpg


旧ソビエト連邦の時代に生きた映画監督である。表現の自由を求め、自国を亡命し、その後故郷に帰ることなくパリにて客死。54歳の若さで生涯の幕を閉じた。

私が氏を知ったのは爆笑問題の太田光が発言したのを聞いたのが初めてである。
それから数ヵ月後、渋谷のイメージフォーラムにてタルコフスキー映画祭があることを知り、興味本位で足を運んだ。

b0215567_22192526.jpg


約2週間という期間のうち4日間くらいいたのではないだろうか。
それほど一作目に度肝を抜かれた。
ここで、私の見た作品を紹介したい(公開年度順)。

b0215567_22271882.jpg


b0215567_22171075.jpg


b0215567_2282760.jpg


b0215567_2275023.jpg


b0215567_22124024.jpg


b0215567_2293764.jpg


b0215567_22112416.jpg


以上、処女作「ローラーとヴァイオリン」を除くすべての作品を見た。

私は、彼の映画作品を見て、初めて映画が芸術作品であると思えた。
極めて叙情的で、自然の描き方が繊細、精緻である。特に水の描写。水に漂う水草。水上に顔を見せる苔の生えた大木。こんな果敢無い世界があるのかと息を呑むほどに美しい。侘び・寂びをも感じられる。
また、宗教的、思想・心裡的で映画を通して氏の深い精神世界のイメージを垣間見ることができる。
室内に降る雨、コップに入ったミルクが割れるシーン。日本の高速道路。サウンドトラックの音楽。
ストーリーは正直、殆ど意味がわからない。これまでにこんな難解な作品に出合ったことがあるだろうか。
ボーっとしていると眠くなる、若しくは訳がわからないままに物語は終わる。必死に理解しようとすると頭が痛くなってくる。
私は悔しかった。自分の見地の狭さ、浅はかさを痛感した。
映画祭の終りにこんな本まで買った次第である。

b0215567_22552190.jpg


これはきっとイメージフォーラムの陰謀である。映画代だけですら馬鹿にならない値段なのに3000円近くする本をレジカウンターに置いておくなんて。
あっさり乗せられた自分が恥ずかしい。
しかし、解説本を見て、初めてシーンやカット、シークウェンスでのモティーフ、メタファーが少し理解できた。氏は思考の過程や表現において直截的であり、なおかつ図式的ですらあったのだ。まるで自分の思想の正当性を疑っていないかのように。何とも偉大な映画監督である。

今、福島の原発問題が起こったことによってタルコフスキーの映画が再注目されているようだ。
挙げられているのは「ストーカー」。これは「ゾーン」と呼ばれる立入禁止区域内に「教授」と呼ばれる人物、「作家」と呼ばれる人物、案内人ストーカーの3人が入っていく物語だ。
おもしろいのは、ゾーン外はモノクロ映像で撮られており、ゾーンの中に入った瞬間にカラー映像へと切り替わるところ。
世界が変わるのを意識したのだと思うが、私だったら逆に描くと思う。
無礼を承知の上で書かせていただくが、福島原発を例に挙げると、30キロ圏内は汚染にまみれた異世界であり、陰影の物質的貧しさが漂っているイメージだからモノクロで撮ろうと考える。みなさんはどうだろうか。
しかし、氏は敢えて現実世界の方をモノクロで撮ったのだ。「ゾーン」こそ現実、とでもいうかのように。
なるほど。もしかしたら今いる私たちの日常の方が嘘なのかもしれない。本当の真実は福島原発立入禁止区域内にあるのかもしれない。
そのように考えるとモノクロの世界で平然と生きる自分を、人々を想像し、何とも言えない感覚に襲われると同時に一つの可能性を発見することができた。
分からないなりにこういった作品を見て何かを感じることも大切だとしみじみと思う今日この頃である。
[PR]
by komei115 | 2011-12-07 23:46 | Character