青い果実の実る頃には

komei115.exblog.jp

項目に分けて日々思ったこと、書きたいことを自由に書いてます。意見、批判するコメントは大歓迎です。個人的な問い合わせはこちらまで。koumeipart115@yahoo.co.jp

ブログトップ

日日是思慮 その27


インターネットやGPS機能などの通信機器の利用はめざましい進歩、普及を遂げている。スマートフォンの登場により、自分の現在地を簡単にかつ詳しく知れたり、パソコンと同じ感覚で調べ物ができる。携帯電話の出荷数をすでに上回る勢いで、20代では4割の人がスマートフォンに切り替えている▼最近、スマートフォンのGPSを使った遊びも流行っている。一つは宝探しゲーム。GPSを頼りに誰かが埋めたり、隠したりした宝箱を全国回って歩き、見つけるというもの。大人でもハマって休日出かけて宝探しに夢中になっている人もいる。もう一つは歩いて地上に絵を描こうというもの。地形をもとに何を描くか考えて歩く。歩いたら実際にパソコンなどから衛星写真上の自分が歩いて書いた地上絵を見ることができるといった遊びだ。屋内でもGPSが使えるようになる。ショッピングモール内にGPS受信機器を取り付けることで、館内のショップ案内をもとに買い物ができる▼ますます便利、快適なネットライフを送れるようになる一方で忍びよる影もある。スマートフォンは携帯よりも高い電磁波が流れているので直接耳にあてた通話や身体に長時間触れていると、電磁波障害に陥ることもある。私たちは今、無数に聳え立つ電波塔の中で暮らしており、蔓延する電波の海の中を生きている。いつ体に支障が来てもおかしくはないだろう▼身体の問題もそうだが、心の問題も大きい。ネット依存である。ネットがないと不安でたまらなくなる。メールが来ないと人との関係が希薄になったように思う。こういったことを考える若者は少なくない。確かにネット以上に便利なものはないと思が、ネット利用に頼り切った今果たして賢くなったかというとそうでもない。頭に入ってきやすいが、同時に抜けるのも早い。学んだ気になっているだけである▼企業の会議、大学の講義などでは大半がネットやパソコン上の資料、パワーポイント等を利用して進められているが、テクノロジー最先端のIT企業では「トップレス会議」というものが進められている。会議の場では電子機器を使うのを禁じたのだ。いわゆるアナログに戻ったわけだが、それが功を奏しているらしい。これまで、人の話をろくに聞かずにパソコン内の資料をダラダラと読む社員が多くいたが、それが会話によってクリエイティブな議論ができるようになった。機械と向き合わない日を設けることで、逆に頭がさえるようになった。という声が多い▼私自身も自覚しなければならないが、ネットも程々にした方が良い。ある一定量を越えると刺激がなくなり、怠惰に変わる。ネットでは速報をつまみ食いする程度にしておいて、後は紙の媒体で深く吸収するのがベストである。ネットじゃなくても、見方を変えれば世界は無限の可能性に満ち溢れているのだ。
[PR]
by komei115 | 2012-02-17 12:31 | Column