青い果実の実る頃には

komei115.exblog.jp

項目に分けて日々思ったこと、書きたいことを自由に書いてます。意見、批判するコメントは大歓迎です。個人的な問い合わせはこちらまで。koumeipart115@yahoo.co.jp

ブログトップ

日日是思慮 その38

【義を見てせざるは勇無きなり】という言葉がある。論語にある言葉で、意味としては(人として当然行うべきことと知りながら、それを実行しないのは勇気がないからである)ということだ。では行動に移させる勇気とは何なのだろうか▼勇気の代名詞はヒーローにつきものだ。だが、彼らは当然のことをやっているだけなのだ。ウルトラマン、仮面ライダー、戦隊ヒーローは自分たちにできる当然のことを疑うことなく当然にやるから、明快でカッコいい。今なお子どもたちに勇気を与える存在として人気だ▼今ではご当地ヒーローなる者も活躍している。沖縄の「琉神マブヤー」、秋田の「超神ネイガー」。彼らは地元の子どもたちを悪の手から救うのだが、かといってやみくもに悪を滅ぼすのではなく、悪を知った上で闘い、敵の中に潜む悪を取り除く。昔のヒーローのさらに上の次元で戦っている▼大人は子どもたちを、子どもたちの未来を守れるヒーローになれるのか。12月10日から始まった東京都の原発住民票署名集めが先日終了したという記事が地域欄に小さく載っていた。結果は都知事に条例の制定を求めるための有権者の50分の1である21万4206人を超え34万人に上った。無事に達成できたが、喜んではいられない。あれだけの大問題になりながら都に住む有権者の50人に1人しか行動できてない、ほぼ無関心である状況に同じ有権者として情けない。メディアもメディアだ。あれだけ原発の是非を問うてきたはずなのに、国民一部の行動を大々的に報じようともしない。原発の是非を国民一人一人が考えて決めようというだけなのに、なぜこうも広げようとしないのだ▼何が正しくて、何が悪いのかはわからない。正解、不正解はない。それでも、自分を信じて誰かを守るために行動する。それが勇気に繋がる。敵は相手ではなく、自分の中に潜む弱い心だ。ヒーローを求めるのではなく、個人一人一人が誰かのヒーローであることを願いたい。
[PR]
by komei115 | 2012-03-27 14:23 | Column