青い果実の実る頃には

komei115.exblog.jp

項目に分けて日々思ったこと、書きたいことを自由に書いてます。意見、批判するコメントは大歓迎です。個人的な問い合わせはこちらまで。koumeipart115@yahoo.co.jp

ブログトップ

日日是思慮 その40

未だに肌寒くはあるものの、今年も春は確実に到来してきている。6日に東京では桜が満開となり、昨日は大勢の花見客で盛り上がったようで、きっと今日も各地で花見ムードが漂うのではないだろうか▼桜の季節、きっといろんな人が新たな一年に向けて様々に想いを巡らせようか。特に、節目で今年度からスタートを切る未成年達は、心を新たにして入学に臨む所存だろう▼日本の教育機関ではこれまで春入学が当たり前だったが、東京大学は2015年から秋入学に切り替えるようだ。早稲田と上智もそれに続く。秋入学が普通である世界の大学に合わせ、更なる国際化を狙うのが目的だ▼何故、もっと早く実現させなかったのか。「伝統、文化を重んじ慎重に」と言えば聞こえは良いが、何とも日本人らしい決断力の遅さよ。まだ高度経済成長期だったら時期がずれていようと人気はあっただろうが、日本経済が低迷する今、日本ブランドの大学が世界の大学ランキングから落ちていってしまうのは必須の事だ▼先ずは日本で各会社との整備を整えたり、秋入学にも対応した幅広い枠組みを社会規模で形成させる。そして諸外国の大学との競争に向けて、有能な人材の呼び込みと育成、そして世界への放出を目指して欲しい▼【ひさかたの 光のどけき 春の日に/しづごころなく 花の散るらむ】。綺麗な桜をずっと見ていたい気持ちはわかるが、次の行動に移すために散りゆくからこそ綺麗なのだ。落ち着いたまま世界から散り忘れ去られる日本ではあってほしくない。
[PR]
by komei115 | 2012-04-08 00:35 | Column